情報公開 決算情報 Information disclosure - accounting information
□ 旭川空港ビル株式会社の情報公開とし決算情報をご覧頂けます。

個別注記表

1、 重要な会計方針に係る事項に関する注記
  • 1、 資産の評価基準及び評価方法
    • (1) 有価証券の評価基準及び評価方法
      • [その他有価証券]
      • ・時価のあるもの:時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
      • ・時価のないもの:移動平均法による原価法
    • (2) たな卸資産の評価基準及び評価方法
      • 最終仕入原価法による原価法
  • 2、 固定資産の減価償却方法
    • 有形固定資産:定額法
    • リース資産:リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
    • 無形固定資産:定額法
    • 長期前払費用:定額法
  • 3、 引当金の計上基準
    • 賞与引当金: 従業員の賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当期の負担額を計上している。
      退職給付引当金: 従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上している。
  • 4、 消費税等の会計処理
    • 税抜方式によっている
2、 貸借対照表に関する注記
  • 1、担保に供している資産及び担保に係る債務
    • (1) 担保に供している資産   建     物   2,419,661千円
      (2) 担保に係る債務   長 期 借 入 金 953,280千円
  • 2、有形固定資産の減価償却累計額  4,466,940千円
3、 株主資本等変動計算書に関する注記
  • 1、発行済株式の数
    • 普通株式 当期首株式数   50,000株
      当期末株式数   50,000株
  • 2、配当に関する事項
    決 議 株式の種類 配当金の総額(千円) 株式の原資 1株当りの配当額(円) 基準日 効力発注日
    平成30年6月27日 定時株主総会 普通株式 10,000 利益剰余金 200 平成30年3月31日 平成30年6月28日
4、 税効果会計に関する注記
  • 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
    • [繰延税金資産]
      引当金関連  4,216千円
      未払事業金  862千円
      その他  1,100千円
      繰延税金資産合計  6,189千円
      固定資産圧縮積立金1,961千円
      [繰延税金負債]
      その他有価証券評価差額金 7,098千円
      繰延税金負債合計 9,060千円
      [繰延税金資産の純額] 2,870千円
5、 1株当たり情報に関する注記
  • 1株当たり純資産額 56,680円43銭
    1株当たり当期純利益額 1,568円24銭