会社概要 Corporate Profile
□ 旭川空港ビル株式会社の会社概要をご紹介いたします。

旭川空港ビル株式会社について

社 名 旭川空港ビル株式会社
住 所 〒071-1562 北海道上川郡東神楽町東2線16号98番地
TEL / FAX TEL:0166-83-3939 / FAX:0166-83-3408
役 員
平成30年4月1日現在
代表取締役社長 西川 将人
代表取締役専務 佐々木 恵一
常務取締役 島村 恭
取締役 山下 裕久
取締役 原田 直彦
取締役 倉富 安生
監査役 井上 徳之
監査役 山本 進
施設規模 ・SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造、RC(鉄筋コンクリート)造、地上3階 ・延床面積13,526.980
施設配置
・[3階] (1,765.230) 飲食店舗 / 展望デッキ / 空港ビル事務室
・[2階] (5,853.450) 出発ロビー / ショップ / 有料待合室 / ホールディングルーム
・[1階] (5,908.300) 航空会社カウンター / 航空会社事務室 / 総合案内 / レンタカーカウンター / 到着ロビー / バケージクレーム / 警察 / 税関事務所
・[その他] 彫刻の街旭川にふさわしく1階チケットロビーに 1体、到着ビル前面の屋外に1体の彫刻をそれぞれ 配置しています。 出発ロビーと到着ロビーおよびホールディングル ーム内に木製の椅子等、旭川家具を設置しています。

(画像をクリックすると拡大してご覧頂けます)

企業理念

私たちは、人として何が正しいのかという判断基準のもと 旭川空港に集う全従業員が喜びを感じられるように共に考え
一、お客様が感動を得られる施設を目指します
一、道北地域さらには北海道全体の社会経済の発展に貢献します

六つの心(行動指針)

  1. 感謝の気持ちを持つ
  2. 常に明るく前向きに
  3. 謙虚で素直な心で
  4. 常に向上、改善する意識を持つ
  5. お客様側の視点で考える
  6. スピード感を持って果敢に挑戦する

事業報告 (自 平成29年4月1日 ~ 至 平成30年3月31日)

1、 会社の現況に関する事項
(1) 事業の経過および成果

 全国的な景気動向は「景気は、緩やかに回復している。」(内閣府 月例経済報告3月)、とし「北海道地域では、景気に一部弱さがみられるものの、緩やかな回復基調が続いている。」(内閣府 地域別の動向2月)としております。道北エリアにおける主要観光施設の旭山動物園の入園者数は142万9千245人で昨年と比較して99.8%と報じられています。 さて今期の旭川空港利用者数は、国内・国際便をあわせて1,130,715人、前年度比100.7%でした。 当期の売上高は1,397百万円で前期に比べて145百万円の増となっております。一方、売上原価は6百万円、販売費及び一般管理費は1,237百万円であり、合計で前期に比べ148百万円の増となりました。営業利益は前期に比べ2百万円の減で153百万円、これに営業外収益、営業外費用を加味した経常利益は前期に比べ1百万円減の157百万円を計上いたしました。

[事業の概況]

 今期は国際線施設増改築工事が9月に着工いたしました。現在は基礎工事が終わり鉄骨枠組みが一部組み立てられ、建物の概要が目にみえるようになってきております。国際線施設増改築工事は平成29年8月28日に一般競争入札を実施し、工事区分を増築・改築・強電・弱電・空調・衛生の6業種に分け6企業体14社により平成29年9月4日に工事契約を締結しております。(弱電のみ11月28日締結) 平成29年9月4日に着手し、国際線施設増築供用開始は平成30年11月22日を予定し、その後既存施設の改修工事を行って全面供用開始は平成31年9月中旬を予定しております。 全体の工事金額は消費税を除き約49億円を見込んでおります。

① 営業面積
区分 面積 (㎡)
旅客ビル 13,526.980
付属棟 (別棟) 479.760
貨物ビル 1,241.420
冬期機材格納庫 499.860
合計 15,748.020
② 入居者
[航空会社] 日本航空株式会社
全日本空輸株式会社
株式会社AIRDO
アシアナ航空株式会社
長栄航空股?有限公司
中国東方航空公司
[レストラン・喫茶等] 旭川ワシントンホテル株式会社
エスペリオ
[売 店] エアポート・リラ
LILA'S DUTY FREE
マルカツ
ポイント7
まるとみ
BLUE SKY
アゼリア
サツドラ
ANAFESTA
[レンタカー] 株式会社トヨタレンタリース旭川
株式会社日産カーレンタルソリューション
ニッポンレンタカー北海道株式会社
タイムズモビリティネットワークス株式会社
オリックス自動車株式会社
ワールドネットレンタカー株式会社
株式会社ホンダレンタリース旭川
[CIQ] 函館税関
札幌入国管理局
小樽検疫所
農林水産省 動物検疫所
横浜植物防疫所
[貨物ビル] 日本航空株式会社
全日本空輸株式会社
旭川通運株式会社
[その他] 旭川市
旭川東警察署
ちどりハイヤー株式会社
株式会社北洋銀行
株式会社北海道銀行
株式会社セブン銀行
株式会社セノン
株式会社 ZERO PLANNING
ヤマト運輸株式会社
(2) 利用実績
乗降客(人)増減(人)対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
平成29年度平成28年度
東京線JAL552,555529,09323,462104.4%75.1%99.6%
ADO/ANA439,560407,98931,571107.7%70.4%99.5%
992,115937,08255,033105.9%72.9%99.6%
大阪線
(関空・伊丹)
JAL6,5826,327255104.0%63.9%100.0%
ANA11,36410,3501,014109.8%53.0%99.4%
17,94616,6771,269107.6%56.7%99.5%
名古屋線ANA61,47352,2599,214117.6%64.0%99.5%
ソウル線AAR-5,802△5,8020.0%93.9%100.0%
台北線(EVA・TNA・TTW)13,68527,245△13,56050.2%64.5%98.7%
上海線(CES・CQH)7,61748,275△40,65815.8%76.8%93.6%
北京線(CES)-13,914△13,9140.0%64.2%95.5%
定期便計1,092,8361,101,254△8,41899.2%72.0%99.1%
※不定期便37,87921,18016,699178.8%--
合計1,130,7151,122,4348,281100.7%--
東京線 (JAL)
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
552,555529,09315,708
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
104.475.199.6
東京線 (ADO/ANA)
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
439,560407,98926,522
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
107.770.499.5
東京線 (計)
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
992,115937,08242,230
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
105.972.999.6
大阪線 (関空・伊丹) (JAL)
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
6,5826,32730
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
104.063.9100.0
大阪線 (関空・伊丹) (ADO/ANA)
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
11,36410,350△4,657
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
109.853.099.4
大阪線 (関空・伊丹) (計)
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
17,94616,677△4,627
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
107.656.799.5
名古屋線ANA
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
61,47352,259△5,334
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
117.664.099.5
ソウル線AAR
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
-5,802△6,716
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
0.093.9100.0
台北線
乗降客(人)
平成29年度平成27年度増減(人)
13,68527,245△48,281
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
50.264.598.7
上海線
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
7,61748,275△16,712
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
15.876.893.6
北京線
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
-13,914△25,671
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
0.064.295.5
定期便合計
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
1,092,8361,101,254△65,111
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
99.272.099.1
※不定期便
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
37,837921,18018,907
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
178.8--
合計
乗降客(人)
平成29年度平成28年度増減(人)
1,130,7151,122,434△46,204
対前年比(%)搭乗率(%)就航率(%)
100.7--
国際チャータ便関係
航空会社(主な行先)平成29年度平成28年度増減
便数(便)人数(人)便数(便)人数(人)便数(便)人数(人)
タイガーエア台湾(桃園)14720,604--14720,604
大韓航空(仁川)--2492△2△492
ティーウェイ航空(仁川)529,580437,60891,972
アシアナ航空(仁川)445624982△42
キャセイパシフィック航空(香港)82,380----
合計21133,020478,59815622,042
タイガーエア台湾(台北)
平成29年度
便数(便)人数(人)
14720,604
平成28年度
便数(便)人数(人)
--
増減
便数(便)人数(人)
14720,064
大韓航空(桃園)
平成29年度
便数(便)人数(人)
--
平成28年度
便数(便)人数(人)
2492
増減
便数(便)人数(人)
△2△492
ティーウェイ航空(仁川)
平成29年度
便数(便)人数(人)
529,580
平成28年度
便数(便)人数(人)
437,608
増減
便数(便)人数(人)
91,972
アシアナ航空(仁川)
平成29年度
便数(便)人数(人)
4456
平成28年度
便数(便)人数(人)
2498
増減
便数(便)人数(人)
2△42
キャセイパシフィック航空(香港)
平成29年度
便数(便)人数(人)
82,380
平成28年度
便数(便)人数(人)
--
増減
便数(便)人数(人)
--
合計
平成29年度
便数(便)人数(人)
21133,020
平成28年度
便数(便)人数(人)
478,598
増減
便数(便)人数(人)
15622,042
(3) 財産及び損益の状況の推移
回次第35期第36期第37期第38期
決算年月日平成27年3月平成28年3月平成29年3月平成30年3月
売上高1,243,869千円1,254,716千円1,252,149千円1,397,514千円
経常利益134,202千円209,892千円155,450千円157,828千円
当期純利益75,332
千円
152,054千円114,411千円78,412
千円
一株当たり
当期純利益
1,506円3,041円2,288円1,568円
総資産3,684,233千円3,646,644千円3,578,607千円4,135,193千円
純資産2,514,768千円2,659,861千円2,760,182千円2,834,021千円
(4) 主要な事業内容および事業所
(平成30年3月31日現在)
ア、主な事業内容 : 貸室並びに空港利用施設の賃貸業、航空事業者、航空旅客並びに航空貨物に対する役務の提供等 イ、事業所 : 北海道上川郡東神楽町東2線16号98番地 (本社所在地)
(5) 従業員の状況
従業員数 前期末比較増減
男 子 5名 △1名
女 子 9名 1名
14名 0名
(注)上記には出向社員、嘱託社員、派遣社員は含まれておりません。
2、 株式に関する事項 (平成30年3月31日現在)
ア 会社が発行する株式の総数 100,000株
イ 発行済株式の総数 50,000株
ウ 当期末株主数 25名